×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

薄毛育毛発毛植毛完全調査タイトル

「新しいヒントがきっとある」
微力ながら、皆様の育毛と薄毛対策に役立てて頂ければ、と考えています。


PICK UP


育毛・薄毛に関する耳より情報奥が深い頭髪知識@

育毛・薄毛に関する耳より情報頭髪の形成

育毛・薄毛ページで見かける用語説明キューティクルとは?

育毛・薄毛ページで見かける用語説明コルテックスとは?

育毛・薄毛ページで見かける用語説明メデュラとは?

育毛・薄毛に関する耳より情報ヘアサイクル概要

育毛・薄毛ページで見かける用語説明要注意!DHT

育毛・薄毛に関する耳より情報シャンプーの心得

育毛・薄毛ページで見かける用語説明プロペシアとは?

育毛・薄毛ページで見かける用語説明ミノキシジルとは?

育毛・薄毛に関する耳より情報ストレスとDHTの増加

育毛・薄毛に関する耳より情報薄毛と副腎皮質ホルモン

育毛・薄毛ページで見かける用語説明ノルアドレナリンとは?

育毛・薄毛ページで見かける用語説明パントテンサンとは?

育毛・薄毛に関する耳より情報簡単にストレスは発生!?

育毛・薄毛に関する耳より情報緊張の持続とストレス

育毛・薄毛ページで見かける用語説明アニマル・ヒーリングとは?
薄毛!育毛!発毛!植毛!
完全調査

■薄毛に関係深い≪副腎皮質ホルモン≫■

■育毛!薄毛!ノルアドレナリン概要A

「怒りのホルモン」ともいわれる「ノルアドレナリン」について、実際に行なわれた脳実験では特定の部位への電気刺激やナトリウム投与に対して威嚇反応が多く示されるのは事実のようです。
しかし、ノルアドレナリンに関していうと、これは身体全体に広く分泌しているホルモンです。神経系の興奮や抑制に関するシステムは複雑ですから、一概に「ノルアドレナリンの多い人はキレやすい」とは言えないでしょう。

しかし、長期間回避不能なストレス状態に置かれ、また、そのような体験を繰り返した場合の動物実験では、ノルアドレナリンの分泌減少が繰り返された後、個体のノルアドレナリン受容体の感受性は上昇、わずかなストレスに対しても攻撃や回避といった行動を起こしやすくなるという結果がでました。

また、幼児期に母親からの隔離を経験したサルは容易にノルアドレナリン濃度を上昇させ、頻繁な攻撃反応を示す事や、PTSD(心的外傷後ストレス障害)と診断されたベトナム帰還兵の尿中ノルアドレナリン濃度が慢性的に高く、現在も強い不安や恐怖の感情から逃れられないでいる事はよく知られている事実です。

副腎皮質ホルモンとビタミンC? >>


関連ページ

☆副腎皮質ホルモンのしくみ
☆恒常性維持機能
☆副腎皮質ホルモンは複数
☆コルチゾールの必要性
☆副腎皮質ホルモンと免疫力低下

☆副作用と頭皮環境
☆ノルアドレナリン概要
☆ノルアドレナリン概要A
☆副腎皮質ホルモンとビタミンC
☆サーカディアンリズム




Copyright(C) 2005 薄毛!育毛!発毛!植毛!完全調査. All Rights Reserved.