×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

薄毛育毛発毛植毛完全調査タイトル

「新しいヒントがきっとある」
微力ながら、皆様の育毛と薄毛対策に役立てて頂ければ、と考えています。


PICK UP


育毛・薄毛に関する耳より情報奥が深い頭髪知識@

育毛・薄毛に関する耳より情報頭髪の形成

育毛・薄毛ページで見かける用語説明キューティクルとは?

育毛・薄毛ページで見かける用語説明コルテックスとは?

育毛・薄毛ページで見かける用語説明メデュラとは?

育毛・薄毛に関する耳より情報ヘアサイクル概要

育毛・薄毛ページで見かける用語説明要注意!DHT

育毛・薄毛に関する耳より情報シャンプーの心得

育毛・薄毛ページで見かける用語説明プロペシアとは?

育毛・薄毛ページで見かける用語説明ミノキシジルとは?

育毛・薄毛に関する耳より情報ストレスとDHTの増加

育毛・薄毛に関する耳より情報薄毛と副腎皮質ホルモン

育毛・薄毛ページで見かける用語説明ノルアドレナリンとは?

育毛・薄毛ページで見かける用語説明パントテンサンとは?

育毛・薄毛に関する耳より情報簡単にストレスは発生!?

育毛・薄毛に関する耳より情報緊張の持続とストレス

育毛・薄毛ページで見かける用語説明アニマル・ヒーリングとは?
薄毛!育毛!発毛!植毛!
完全調査

■植毛で薄毛完全克服■

■薄毛!克服!植毛には後頭部の毛髪

現在、広く行われるようになった「自毛植毛」ですが、この「自毛植毛」とは一体どういったものなのでしょうか。

簡単に言ってしまえば、「読んで字の如く」なのですが、薄毛が気になる部分に自分自身の毛髪を移植する増毛技術という事になります。
「薄毛で悩んでいるのに、一体どこから毛髪を移植するのか?」という疑問があるかと思いますが、それは、最もジヒドロテストステロンの影響を受けない毛髪、つまり、後頭部の毛髪を移植する事になります。

薄毛が顕著に現れる箇所はご存知の通り、生え際(M字)や頭頂部(O字)といった主に男性ホルモンの影響下にある毛髪部分です。
特殊な脱毛症ではなく、一般的に言われる男性型脱毛症である場合は後頭部に症状が現れる事はなく、その事からも、後頭部の毛髪は薄毛に対して高い耐性を有していると考えられます。
この薄毛に強い毛髪をそのまま移植する訳ですから、「自毛植毛」が薄毛克服に大いに有効であるのは当然かもしれません。
また、移植するのが自分自身の毛髪ですから「人工毛植毛」で問題視されるような術後の拒否反応の心配もありませんし、もちろん、成長もします。

しっかりと定着した毛髪は加齢と共に自然な白髪になる事も確認されています。ある程度、若い時期に施術されても「年齢的に不自然な黒髪」といった事態は起こらないという訳です。

植毛発祥と歴史? >>


関連ページ

☆植毛は敷居が高い?
☆植毛には後頭部の毛髪
☆植毛発祥と歴史
☆植毛技術の向上
☆植毛株はより小さく
☆植毛株の違い
☆Choi式植毛器

☆「FUT」とは
☆オムニグラフトとは
☆自毛植毛の「質」
☆自毛植毛の流れ
☆植毛の価格比較
☆植毛Q & A


薄毛!育毛!植毛!完全調査

Copyright(C) 2005 薄毛!育毛!発毛!植毛!完全調査. All Rights Reserved.