×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

薄毛育毛発毛植毛完全調査タイトル

「新しいヒントがきっとある」
微力ながら、皆様の育毛と薄毛対策に役立てて頂ければ、と考えています。


PICK UP


育毛・薄毛に関する耳より情報奥が深い頭髪知識@

育毛・薄毛に関する耳より情報頭髪の形成

育毛・薄毛ページで見かける用語説明キューティクルとは?

育毛・薄毛ページで見かける用語説明コルテックスとは?

育毛・薄毛ページで見かける用語説明メデュラとは?

育毛・薄毛に関する耳より情報ヘアサイクル概要

育毛・薄毛ページで見かける用語説明要注意!DHT

育毛・薄毛に関する耳より情報シャンプーの心得

育毛・薄毛ページで見かける用語説明プロペシアとは?

育毛・薄毛ページで見かける用語説明ミノキシジルとは?

育毛・薄毛に関する耳より情報ストレスとDHTの増加

育毛・薄毛に関する耳より情報薄毛と副腎皮質ホルモン

育毛・薄毛ページで見かける用語説明ノルアドレナリンとは?

育毛・薄毛ページで見かける用語説明パントテンサンとは?

育毛・薄毛に関する耳より情報簡単にストレスは発生!?

育毛・薄毛に関する耳より情報緊張の持続とストレス

育毛・薄毛ページで見かける用語説明アニマル・ヒーリングとは?
薄毛!育毛!発毛!植毛!
完全調査

■植毛で薄毛完全克服■

■薄毛!克服!植毛技術の向上

戦前に日本で行われていた毛髪の移植技術は1959年、米国医師・ノーマン・オレントライヒにより薄毛改善の為の手術治療法として後頭部・側頭部の毛髪を脱毛部位に移植する自毛植毛の理論が確立、1970年以降、これが、「奥田・オレントライヒ法」として世界に広がっていったのです。

当時の植毛は「パンチ・グラフト(punch graft)」と呼ばれ、直径4〜5ミリ、20〜30本の毛髪が存在するドナー(移植片)を薄毛部分に植毛していくといったものでした。しかし、この方法では、束になって生えられた毛髪が本来そうあるべき自然な毛髪の流れなどを再現できず、不自然でデコボコ、決して満足のいくような仕上がりではなかったようです。
それでも、この「パン・チグラフト(punch graft)」は1990年初頭まで主な植毛術式として普及していきました。

1990年に入る頃から、薄毛改善を手助けするビジネスへの需要の高まりから、「自毛植毛」に意欲的に取組む医師、研究者も多くなり、機器の高性能化や医師自身の技術向上など、「自毛植毛」の技術は飛躍的な発展をみせます。
「パンチ・グラフト」では実現できなかった、生え際の自然さや、その密度、植毛後の毛髪定着率の向上などが様々なアプローチから試みられたのです。

植毛株はより小さく? >>


関連ページ

☆植毛は敷居が高い?
☆植毛には後頭部の毛髪
☆植毛発祥と歴史
☆植毛技術の向上
☆植毛株はより小さく
☆植毛株の違い
☆Choi式植毛器

☆「FUT」とは
☆オムニグラフトとは
☆自毛植毛の「質」
☆自毛植毛の流れ
☆植毛の価格比較
☆植毛Q & A


薄毛!育毛!植毛!完全調査

Copyright(C) 2005 薄毛!育毛!発毛!植毛!完全調査. All Rights Reserved.