×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

薄毛育毛発毛植毛完全調査タイトル

「新しいヒントがきっとある」
微力ながら、皆様の育毛と薄毛対策に役立てて頂ければ、と考えています。


PICK UP


育毛・薄毛に関する耳より情報奥が深い頭髪知識@

育毛・薄毛に関する耳より情報頭髪の形成

育毛・薄毛ページで見かける用語説明キューティクルとは?

育毛・薄毛ページで見かける用語説明コルテックスとは?

育毛・薄毛ページで見かける用語説明メデュラとは?

育毛・薄毛に関する耳より情報ヘアサイクル概要

育毛・薄毛ページで見かける用語説明要注意!DHT

育毛・薄毛に関する耳より情報シャンプーの心得

育毛・薄毛ページで見かける用語説明プロペシアとは?

育毛・薄毛ページで見かける用語説明ミノキシジルとは?

育毛・薄毛に関する耳より情報ストレスとDHTの増加

育毛・薄毛に関する耳より情報薄毛と副腎皮質ホルモン

育毛・薄毛ページで見かける用語説明ノルアドレナリンとは?

育毛・薄毛ページで見かける用語説明パントテンサンとは?

育毛・薄毛に関する耳より情報簡単にストレスは発生!?

育毛・薄毛に関する耳より情報緊張の持続とストレス

育毛・薄毛ページで見かける用語説明アニマル・ヒーリングとは?
薄毛!育毛!発毛!植毛!
完全調査

■植毛で薄毛完全克服■

■薄毛!克服!植毛株はより小さく

植毛技術が飛躍的に向上した1990年代。

具体的にどのような変化だったのかと言えば、1番に挙げられるのは「パンチ・グラフト」に比べ、その植毛株(グラフト-graft-)の大きさが非常に小さいものになった事だと思います。
「パンチ・グラフト」は20〜30本の植毛株をまとめて植毛した為に、その仕上がりに不自然さがあるのは否めませんでしたが、より自然な毛髪の流れ・生え際の再現の追及から、この植毛株をより小さな単位で植毛していく医療技術が進歩していきました。

1992年にはブラジル医師のウェペルが小さくした植毛株を1000株以上植毛する方法を確立し、「ミニ・グラフト(mini graft)」による植毛技術の先駆けとなりました。

「ミニ・グラフト」とは上述の通り、より小さな単位の植毛株をいい、3〜5個程度の毛根を含みます。
この株分けの技術は、さらに「マイクロ・グラフト(micro graft)」や「シングル・グラフト(single graft)」といった植毛株へと繋がっていきます。株分けにはより高い技術が要求され、それが小さくなれば医師にも、さらに高い専門性と、それに伴う技術が要求される訳ですが、単位が小さいほど植毛は不自然さを感じさせない仕上がりになります。

植毛株が、より「小さいものへ、小さいものへ」と進化していった過程は「自然な植毛」の完成の為には「然るべき歩み」だったと言えます。

植毛株の違い? >>


関連ページ

☆植毛は敷居が高い?
☆植毛には後頭部の毛髪
☆植毛発祥と歴史
☆植毛技術の向上
☆植毛株はより小さく
☆植毛株の違い
☆Choi式植毛器

☆「FUT」とは
☆オムニグラフトとは
☆自毛植毛の「質」
☆自毛植毛の流れ
☆植毛の価格比較
☆植毛Q & A


薄毛!育毛!植毛!完全調査

Copyright(C) 2005 薄毛!育毛!発毛!植毛!完全調査. All Rights Reserved.