×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

薄毛育毛発毛植毛完全調査タイトル

「新しいヒントがきっとある」
微力ながら、皆様の育毛と薄毛対策に役立てて頂ければ、と考えています。


PICK UP


育毛・薄毛に関する耳より情報奥が深い頭髪知識@

育毛・薄毛に関する耳より情報頭髪の形成

育毛・薄毛ページで見かける用語説明キューティクルとは?

育毛・薄毛ページで見かける用語説明コルテックスとは?

育毛・薄毛ページで見かける用語説明メデュラとは?

育毛・薄毛に関する耳より情報ヘアサイクル概要

育毛・薄毛ページで見かける用語説明要注意!DHT

育毛・薄毛に関する耳より情報シャンプーの心得

育毛・薄毛ページで見かける用語説明プロペシアとは?

育毛・薄毛ページで見かける用語説明ミノキシジルとは?

育毛・薄毛に関する耳より情報ストレスとDHTの増加

育毛・薄毛に関する耳より情報薄毛と副腎皮質ホルモン

育毛・薄毛ページで見かける用語説明ノルアドレナリンとは?

育毛・薄毛ページで見かける用語説明パントテンサンとは?

育毛・薄毛に関する耳より情報簡単にストレスは発生!?

育毛・薄毛に関する耳より情報緊張の持続とストレス

育毛・薄毛ページで見かける用語説明アニマル・ヒーリングとは?
薄毛!育毛!発毛!植毛!
完全調査

■育毛に× 薄毛の原因/男性ホルモン■

■育毛!薄毛!界面活性剤と頭皮環境

薄毛対策や育毛の基本として行う洗髪、このシャンプーやリンスなどで毛髪に付着した「合成界面活性剤」はまず、「タンパク質変性作用」によって、毛髪を傷つけ、ダメージを与えます。
そして、強い浸透性で頭皮から浸透した「合成界面活性剤」は毛母細胞や毛乳頭細胞といった、正常な発毛サイクルには欠かせない毛髪形成組織を攻撃し、徐々に育毛に必要な毛髪の活力を毛根から奪ってしまうのです。

「合成界面活性剤」がどれくらい頭皮に浸透するのか、と言う問題は薄毛(男性型脱毛症)や抜け毛防止の観点からも重要です。

ある動物実験によると、使用量のおよそ、0.5%程が皮膚から浸透し、それは皮脂膜や角質層の下にあるバリヤゾーンを破って血中にまで達したということです。0.5%を少ないと感じるか、多いと感じるかは個人差があると思いますが、合成界面活性剤は体外に排出されにくく、残留性が極めて高いといった事実はあります。これは、皮膚から吸収された物質を「無害」か、それとも「有害」か、判断する仕組みを私達の人体が代謝機能として持っていない為、と言われています。

薄毛は頭皮が清潔すぎるから?次項へ>>


関連ページ

☆界面活性剤を使う理由
☆界面活性剤、薄毛への影響
☆界面活性剤の表示は複雑
☆界面活性剤のマイナス要素
☆界面活性剤と頭皮環境
☆頭皮が清潔すぎる問題

☆多少の皮脂が役立つ事も
☆手早い洗髪で発毛期待
☆危険を煽る育毛情報の読み方
☆薄毛情報をコントロールする
☆男性ホルモン型の薄毛
☆テストステロンの影響


薄毛!育毛!植毛!完全調査

Copyright(C) 2005 薄毛!育毛!発毛!植毛!完全調査. All Rights Reserved.