×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

薄毛育毛発毛植毛完全調査タイトル

「新しいヒントがきっとある」
微力ながら、皆様の育毛と薄毛対策に役立てて頂ければ、と考えています。


PICK UP


育毛・薄毛に関する耳より情報奥が深い頭髪知識@

育毛・薄毛に関する耳より情報頭髪の形成

育毛・薄毛ページで見かける用語説明キューティクルとは?

育毛・薄毛ページで見かける用語説明コルテックスとは?

育毛・薄毛ページで見かける用語説明メデュラとは?

育毛・薄毛に関する耳より情報ヘアサイクル概要

育毛・薄毛ページで見かける用語説明要注意!DHT

育毛・薄毛に関する耳より情報シャンプーの心得

育毛・薄毛ページで見かける用語説明プロペシアとは?

育毛・薄毛ページで見かける用語説明ミノキシジルとは?

育毛・薄毛に関する耳より情報ストレスとDHTの増加

育毛・薄毛に関する耳より情報薄毛と副腎皮質ホルモン

育毛・薄毛ページで見かける用語説明ノルアドレナリンとは?

育毛・薄毛ページで見かける用語説明パントテンサンとは?

育毛・薄毛に関する耳より情報簡単にストレスは発生!?

育毛・薄毛に関する耳より情報緊張の持続とストレス

育毛・薄毛ページで見かける用語説明アニマル・ヒーリングとは?
薄毛!育毛!発毛!植毛!
完全調査

■育毛に× 薄毛の原因/男性ホルモン■

■育毛!発毛!男性ホルモン型の薄毛

一般に「男性型脱毛症」と言われているのが、このタイプです。

薄毛に悩む人の約80%がこのタイプに分類されると言われ、比較的若いと思われる30歳以下の男性でも30%の人に、50歳以上になると約50%、半数の人にこの症状が見られえると言います。

「男性ホルモン型」の薄毛は遺伝的な要素が大きく関わっているだけに厄介で、一度、発症してしまうと完全に回復するのは非常に困難といわなければなりません。

育毛法や発毛法のレベルで遺伝的に備わっている、「薄毛になりやすい体質」を改善すると言っても限界があり、今のところ、この「薄毛になりやすい体質」に対する、最も有効な薄毛対策は育毛剤・発毛剤を使い、問題となる男性ホルモンを多少なりともコントロールするといった対処療法しかありません。

しかし、これも、医薬品に分類されるようなものであれば、副作用についての事が気になりますし、その育毛剤の有効成分と頭皮との相性が悪ければ、さらに薄毛に拍車をかけてしまうかもしれないリスクまで背負わなければならないのです。薄毛・抜け毛の問題が深刻なのは、このような点からも推し量れるのではないでしょうか。

また、この症状、「男性型」と名付けられていますが、ホルモンバランスを崩しやすい女性にも稀に現れるようです。

テストステロンの影響?次項へ>>


関連ページ

☆男性ホルモン型の薄毛
☆薄毛の原因は様々
☆テストステロンの影響
☆男性ホルモン抑制の難しさ
☆薄毛に影響大、DHT
☆DHTの発毛抑制メカニズム

☆5αリダクターゼを抑える食材
☆皮脂は育毛の妨げ
☆育毛に効果的なシャンプー法
☆シャンプーと界面活性剤
☆植物系は頭皮にやさしい


薄毛!育毛!植毛!完全調査

Copyright(C) 2005 薄毛!育毛!発毛!植毛!完全調査. All Rights Reserved.