×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

薄毛育毛発毛植毛完全調査タイトル

「新しいヒントがきっとある」
微力ながら、皆様の育毛と薄毛対策に役立てて頂ければ、と考えています。


PICK UP


育毛・薄毛に関する耳より情報奥が深い頭髪知識@

育毛・薄毛に関する耳より情報頭髪の形成

育毛・薄毛ページで見かける用語説明キューティクルとは?

育毛・薄毛ページで見かける用語説明コルテックスとは?

育毛・薄毛ページで見かける用語説明メデュラとは?

育毛・薄毛に関する耳より情報ヘアサイクル概要

育毛・薄毛ページで見かける用語説明要注意!DHT

育毛・薄毛に関する耳より情報シャンプーの心得

育毛・薄毛ページで見かける用語説明プロペシアとは?

育毛・薄毛ページで見かける用語説明ミノキシジルとは?

育毛・薄毛に関する耳より情報ストレスとDHTの増加

育毛・薄毛に関する耳より情報薄毛と副腎皮質ホルモン

育毛・薄毛ページで見かける用語説明ノルアドレナリンとは?

育毛・薄毛ページで見かける用語説明パントテンサンとは?

育毛・薄毛に関する耳より情報簡単にストレスは発生!?

育毛・薄毛に関する耳より情報緊張の持続とストレス

育毛・薄毛ページで見かける用語説明アニマル・ヒーリングとは?
薄毛!育毛!発毛!植毛!
完全調査

■薄毛に拍車…ストレスの正体■

■育毛!薄毛!ストレスの広まり

ストレスという言葉は元々物理学に由来します。

「物体に外部力が作用したときの物体内の力の不均衡により生じた歪み」と物理学の分野で定義されている言葉を、医学界において1936年、ハンス・セリエ(H.Selye)という生理学者が「外的刺激により生体内に生じた歪み」を初めて「ストレス」と呼び、イギリスの雑誌「ネイチャー」誌において「ストレス学説」を発表。
これをきっかけに、現在使われているような生理学的な意味での「ストレス」が広く市民権を得る事になりました。

何かと「悪者」にされがちなストレスですが、適度なストレスは交感神経系を刺激し、判断力、行動力を高め、作業生産性を向上させたり、スポーツなどの勝負事においてはその勝率や成功率を押し上げます。
これは上記のハンス・セリエ博士によっても、「ストレス学説」の中で「ストレスには良いストレスと悪いストレスがある」と提唱されていますし、「ストレス概要B」で説明したような実験においても証明されています。

ため過ぎず、適度に発散しながら付き合っていくストレスは人生の良いスパイスにもなり得る訳ですが、では、このストレスがまったくのゼロ状態になってしまったら、私たちの身体や心にはどのような変調が起こってしまうか、想像できるでしょうか。

ストレスゼロの生活? >>


関連ページ

☆複雑なストレスメカニズム
☆精神的ストレッサー
☆ストレスと日本人
☆頑張り過ぎない大切さ
☆ストレスは本当に悪者か
☆過度のストレスは当然「悪者」

☆ストレスの広まり
☆ストレスゼロの生活
☆ストレス度チェック
☆ストレス度チェック−結果
☆ストレス度チェック−結果A


薄毛!育毛!植毛!完全調査

Copyright(C) 2005 薄毛!育毛!発毛!植毛!完全調査. All Rights Reserved.